「古典的条件付け」と「オペラント条件付け」の違いをわかりやすく説明する記事。


古典的条件付け と オペラント条件付け

の違いってよく聞かれますよね。

でも、

なんとなーくわかったつもりだけど、実はモヤッとしている、

なんて人も多いんじゃないかと思います!

今回は、その違いを一目でわかるようにまとめてみました。

さっそくいってみましょう!



結論を図示

古典的条件付けとオペラント条件付けの違いを図にすると

下記のようになります。

古典的条件付けは、

反応の大きさはそのままに、その反応を引き起こすトリガーを新たに増やす手続きです。

オペラント条件付けは、

トリガーはそのままに、起こる反応の強度を強化する手続きです。

古典的条件付けとは

上の図を例を用いて説明します。

テッパンの例である、

旧ソ連の生理学者パブロフさんの実験で説明しましょう。

空腹の犬はエサを見ると唾液を出します。(よだれを垂らします。)

この犬に、メトロノームの音を聞かせてから、エサを見せます。

この手続きを何度も重ねていると(対提示)、やがて

メトロノームの音を聞いただけで唾液を出すようになります

エサを見ること(無条件刺激/US)と、メトロノームの音(条件刺激/CS)が連合したわけですね。

この操作で、「唾液を出す」反応のトリガーとして、

「メトロノームの音を聞く」が増えたことになります。

ほかにも日常生活では、

  • 昔やってたゲームのBGMを聞くとテンションが上がる
  • 「坊主にくけりゃ袈裟まで憎」くなる

といった例もありますね。

オペラント条件付けとは

オペラント条件付けとは、

もともとあった反応の生起頻度が変わる条件付け

のことを言います。

こちらも例を用いて説明します。

有名なのはスキナーさんの実験です。

「レバーを押すとエサが出るようになっている箱(=スキナー箱)」の中にマウスを入れます。

マウスが偶然にレバーを押すと、エサが出てきます。

すると、マウスがレバーを押すまでの時間はどんどん短縮されていくのです。

これは、レバーを押した直後に提示されるエサが、「ご褒美」(=強化子)というフィードバックとなって、

レバーを押す行動の頻度が増したことによります。

この時に、もし、

レバーを押させる別のきっかけが増えていれば (「メトロノームの音を聞いたらレバーを押す」等)

トリガーが増えていると言えますが、

そういったことは起こりません。

オペラント条件付けのほかの例としては、

  • 犬がエサのご褒美で曲芸を覚える
  • 子供が褒められて伸びる

とかがありますね。

まとめ

以上の例を、初めの図に反映させてみましょう。

この図に反映させると、

このようになります。

左側の古典的条件付けでは

反応の大きさ自体は変わっていませんが、メトロノームの音が新たなトリガーとして加わっています

対して、右側のオペラント条件付けでは

レバー押しを引き起こすトリガーは増えてはいませんが、レバー押しの反応が強化されています

いかがでしたでしょうか。

何かあれば、コメント欄にてご指摘ください。


参考文献:

中島定彦・実森正子(2000)学習の心理―行動のメカニズムを探る (コンパクト新心理学ライブラリ)サイエンス社